たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

サロンモデルさん募集中♪

一般の人は「長さ」にこだわる。プロは「フォルム」にこだわる。では・・・

      2018/12/08

WRITER
 
スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

自分のオーダーメイドの服を作る

 

そんな機会が あったとします。

 

男性なら スーツが多いかな。

女性は お洋服のオーダーメイド1万円からという

サイトもあるようですね♪

 

 

そういった時 自分なりの

こだわりたい部分って

当然ありますよね。

 

生地素材はどんなものがいいか

カラーは何色にするか

着た時のシルエットはどんなラインがいいか

着心地だって重要ポイント

お手入れも楽にできたほうがいい。

 

これ まんま

ヘアスタイルを作る時に

当てはまると思うんです。

 

違いがあるとすれば

生地素材は お客さん自身の髪質なので

選べたり、取り替えられたりはしないってこと。

変化させる方法はありますが。

 

これね〜

考えてたら面白くて。

いろいろ気づきがあったんで

自分用にも ブログに残しとこうかとw

 

今回は 特に

「カット」

に焦点を当てて 考えていきます。

♪( ´▽`)

 

 

”生地の裁断&裁縫” = ”カット”

 

生地 = 髪

素材そのものですね。

髪は縫い合わせることはできませんがw

裁断 = カットして

レングス、フォルム、シルエットを

作ることができる。

 

なので オーダーメイドの洋服に例えると

着丈を決めたり 着た時のシルエットを決める作業が

カットなんです。

 

 

でね。

一般的になんですが

お客さんが カットのオーダーで

こだわるところって

「長さ」

が多いんですね。

 

 

 

毛先を15cmほど切った方ですが

どうです?

イメージはそれほど変わってなくないですか?

 

ロングの髪を 毛先数十センチ切っても

意外とイメージって変わらなかったりする。

 

オーダーメイドスーツでいう

着丈の長さの長短が変わるイメージかな。

 

 

これも確かに

いき過ぎるとヘンテコな感じになっちゃいますがw

大きくイメージを左右する要素ではない

と思うんです。

 

もっと自分のイメージにフィットする

いいヘアスタイルの要素が他にあるのに

どうもアウトラインの

「長さ」

に こだわって考えちゃう人が

多いように感じます。

 

正直

その人に似合う「長さ」って

どんなんでも合わせられるんですよ

(≧∇≦)

 

長ければ長いなりの

短ければ短いなりの

その人に似合うヘアスタイルが

絶対あるんです。

 

だって

「この長さが一番貴方に似合います」

って決められたら

じゃ それ以外は似合わないの?

私は一生 その長さのヘアスタイルしかできないの??

ってなっちゃうでしょ(^_^;)

そんなの つまんないよね。

 

プロがこだわるところ

 

僕たち プロは

「長さ」だけでなく

 

「フォルム」

にも こだわる。

 

 

 

「フォルム」 = 形・形状

 

カットでこの「フォルム」を作っていき

お顔に、雰囲気に、なりたいイメージに

合ったスタイルに仕上げていく。

 

 

 

 

 

 

 

単純に 長さにこだわるよりも

フォルムにこだわったほうが

スタイルの幅も広がるし 似合うデザインも

無限大にある♪

 

顔がちっちゃく見えるし

必要なところにボリュームだしたり

逆にいらないところはへこましたりw

外国人風なフォルムにすることだって♪

 

この辺りが

プロの技 なんすですよねー♪( ´▽`)

 

 

ではここでクエスチョン♪

 

とーとつですがw

 

一般の方は

「長さ」にこだわる。

プロは

「フォルム」にこだわる。

 

そのプロの中でも

「カリスマ」と呼ばれるような

とんでもねぇ人気の理美容師さんたちが

全国にいる。

 

こだわり強すぎて オリジナルシャンプー作っちゃった人。

1年半先まで予約が取れない人。

プロの理美容師が こぞってカットしてもらいに行く人。

自分のグッズを売っちゃう人。

(しかも売れてるw チャリティーね)

地方で田舎でも トップレベルの売り上げをあげてる人。

まだまだたくさんおられますが

 

その人気の理美容師さんたちは

上にあげた

「長さ」「フォルム」

の二つ以外にも

こだわってるポイントがあるんじゃないかな〜って思うんです。

 

これはあくまで

カットにまつわる、技術的なポイントの話なんで。

カリスマさんたちは

それ以外にも、お客さんの心をワシヅカミにしてファンにしてしまう

心配りや、接し方や、お話の仕方

人としての関わり合い方など

計り知れない想いと工夫と努力を重ねてると思う。

その中の一部の

カットに関するポイントだと思ってるので

その点 ご理解を。

そして

そーかなーって思う

ノリの勝手な想像ですので

そのつもりで(≧∇≦)

 

 

 

「カリスマ」たちがこだわってるポイント。

なんだと思います??

(≧∇≦)

 

ご意見ある方はコメント欄まで〜

お待ちしてます♪( ´▽`)

 

答え合わせは、明日・・・

かな?

(≧▽≦)

 

 

ってことで 今日はここまで!

最後まで見てくれて ありがとうございます♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です