たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

サロンモデルさん募集中♪

【ノリのカメラ講座#4】パンフォーカスってなに?

   

WRITER
 
スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「ノリ」です。 ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップさせることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があれば、いいね!&シェアしてください♪
詳しいプロフィールはこちら

 

パンフォーカスって知ってる?

 

久しぶりにやってまいりました この企画(≧∇≦)

【ノリのカメラ講座】のお時間です。

以前の講座も復習しといてねw

【ノリのカメラ講座#0】エントリー機とキットレンズで背景ボケ写真を撮るには?

【ノリのカメラ講座#1】スタイル撮影での背景ボケ

【ノリのカメラ講座#2】ブロガー理美容師向け 最強カメラ発見!?『FUJIFILM X100F』

【ノリのカメラ講座#3】ブロガー理美容師最強カメラ『FUJIFILM X100F』の魅力♪ともう一つ☆

 

なんでまた始めたかと言いますと・・・

質問があったから(≧∇≦)

この企画を始めたきっかけとなったゲストさんに 再度、質問もらいました。

それというのが・・・

 

この前、姫路城に写真撮りに行ったんですけど友達と姫路城 両方撮ろうと思ったら、どっちかにピントが合ってどちらがか絶対ボケてしまうんです。。(>_<)

最終的にスマホで撮っちゃうんですけど(笑)せっかくカメラ持っていってるのに。。友達とお城、両方とも綺麗に撮りたいんですけどどうすればいいですか?

 

なんていう質問。

うんうん。ありがちーなパターンですねwわかりますよ〜

人と風景を一緒に撮ってる時、人にはピントが合ってるのに、背景の風景はぼやけてる。

両方ピントが合った写真を撮るためには、ちょっとしたポイントがあるんです。

 

あ、ちなみに全体的にピントが合ってることを

「パンフォーカス」

って言います(^^)

 

「絞り」の数字を「大きく」する!

 

 

デジタルカメラには「モード」の中に、「絞り優先モード」ってのがあると思う。

「A」とか「Av」とかで表示されてるやつね。

ここに合わせると レンズの絞りを開いたり絞ったりできる。

カメラのセンサーに取り込む光の量を 多くするか少なくするかコントロールできるわけ。

で こっからが大事。

 

絞り値を小さく(F2.8とか)すると

ピントが合ったところ以外はボケやすくなり

絞り値を大きく(F8とかF11とか)すると

人にも背景にもピントが合いやすくなる。

(パンフォーカス)

 

実際撮って見比べてみました。

左が「F2」、右が「F11」。真ん中のスライダーを左右に動かしてもらうことができます。

 

 

両方ともペンにピントが合ってるけど、F2は背景がボケてて、F11は背景もどのようになってるのかわかるぐらい鮮明に写ってる。

「絞り値」でこれだけ写り方の表現を変えることができるんですね〜♪( ´▽`)

 

なるべく広く撮れるレンズを。

 

それとレンズによって映る範囲は変わってくる。

24mmとか200mmとかで表示されてますが、カンタンに言うと

数字が小さい方(24mmとか)が 広く写せて(広角)

数字が大きい方(200mmとか)が 遠くのものを大きく写せる(望遠)

という特性がある。

 

これ

広く撮れるレンズの方が背景ボケにくくて

望遠の方が背景がボケやすくなる。

ということですね。

 

広角(16mm)で撮り。

 

望遠(200mmぐらい)で撮り。

そんな特性があるんですね〜

なので 風景と一緒に自分も、友達も写りたい!となったら 「広角レンズ」と言われるものの方がいいでしょうね♪

 

センサーが小さい方がボケにくい。

 

センサーってのは カメラの心臓部。

そこにレンズから取り込んだ光を受けて、画像処理をして映像化する。

昔のカメラでいう「フィルム」の部分ですね。

 

ここが大きい方が 余裕があって繊細に光を受け止め、少ない光でも綺麗に写る。

で、大きい方が 「ボケが生まれやすい」

 

背景ボケというやつですね。

 

逆に センサーサイズが小さいと

「ボケにくい」

 

いわゆるまぁスマホで撮った写真とかは その典型。

センサーが小さいのでボケにくい。

そういった理由からなんですね。

あと、だいたいF値は小さいですが広角のレンズなのでボケにくいってのもある。

逆にいえば、全部にピントが合う「パンフォーカス」にはなりやすいので、そういった狙いの写真であればスマホでも全然OKだと僕は思います。

 

まとめ

 

ある程度センサーサイズが大きい 一眼レフカメラやミラーレスでパンフォーカスで撮ろうと思ったら

1、絞り値は大きくする(F8〜11ぐらい)

2、広く写るレンズ(広角レンズ)を使う。

3、被写体(人物)と背景(景色)の距離をなるべく近くに配置する。

3は難しい局面もあろうかと思いますが(^_^;)

被写体と背景の距離が離れてるとボケやすく、近いとボケにくい特性があるのでね。一応 頭の片隅に置いといてくださいw

 

長々と書いてしまいましたが(^_^;)

ゲストさんにも説明させてもらって、納得してもらったので よかった(^^)

これでまたリベンジできますね♪

 

っと 肝心のゲストスタイルがまだだった。。(≧∇≦)

次回に持ち越しまーす!

♪( ´▽`)

 

ノリのプライベートレッスン始めます♪

詳しくは。。

【コテパーマ】プライベートレッスン開始します!(^^)

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「ノリ」です。 ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップさせることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があれば、いいね!&シェアしてください♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です