たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

サロンモデルさん募集中♪

髪を「濡らす」と「浸す」の違い

   

WRITER
 
スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

「濡らす」と「ひたす」は違う!?

 

またノリが変わったこと言ってるわ。

って思ったでしょ。

 

 

 

 

正解(≧∇≦)

 

髪の毛を「濡らす」ことと
髪の毛を 水orお湯に「浸す」こと。

似てるようでこれ
全然違う。
と僕は考えてる。

 

 

そしてこれが

ヘアスタイルを創るうえで
また、ヘアケアにおいても
とても重要な要素になる

と思ってる。

 

※今回出てくる言葉やイメージなど、あくまでノリの個人的な考えのひとつとして書いてるので、そのつもりで読んでいただけると幸いです(^^)

 

僕の中で「髪を濡らす」というのは
いくつかの段階があると考えています。

 

1・霧吹きなどでシュッシュっと髪を濡らした状態。

2・手でお湯をすくって髪に付け、くしゅくしゅと馴染ませた状態。

3・シャワーなどで髪全体を濡らした状態。

そして

4・⑶を2分以上続け、手でしっかり馴染ませ、お湯を髪の内部までしっかり浸透させた状態。

 

この4の状態を僕は

「髪の毛を水orお湯にひたす」

とよんでる。

 

1〜4の状態
通常、どれも「髪を濡らす」行為と
表現できると思う。

でも その結果って大きく違ってくる。

霧吹きでシュッシュっと髪の表面だけを濡らすのと
しっかりお湯をためて髪をほぐし浸透させ、
時間をかけて髪の内部にまで浸す。

この違い、めちゃくちゃ大きいと思いますよ。

 

水(お湯)は最高の軟化剤

 

髪は
水(お湯)に濡れると髪は柔らかくなり
乾くと硬く、その形で固定される
という性質がある。

これは水によって髪の毛の中の結合が離れて(水素結合)
自由に動けるようになるから。

この髪が柔らかくなった状態。ってのが
髪をデザインする上でとても重要になってくる。

しっかり髪を柔らかくしておくと
カットをする時も余計な負担をかけなくてできるし
パーマのときも、髪の曲げるお薬の浸透が良くなるし
パワーも最小限でできる。
スタイリングも、思い通りにできるし
髪のコンディションも、ツヤツヤで整ってくれる♪

 

これはまさに

水(お湯)は最高の軟化剤。

ということが言えると思います(^^)

ダメージは限りなく無くて、副作用も無く
そして どこでも使える♪( ´▽`)

ただ、最初に書いたように
使い方を間違っちゃうと、最大限の効果は発揮されない。
と思ったほうがいいです。
ちゃちゃっと濡らすだけ とかだと
柔らかくなった効果とか 実感はできないでしょうからね。

 

これはお客さんと話してても思うんですが
お家でしっかり濡らしてから乾かしてくださいね〜
って伝えてても
実際は霧吹きでシュッシュっと濡らすだけだったり
表面が濡れてるだけだったりするんじゃないかと。

それだとせっかくの”濡らす効果”が
最大限発揮されてないんですね。

そんな方をあらためてお店でシャンプーさせてもらって
しっかりと髪を浸すシャワーをし、すすぎをさせてもらったら

別人の髪のように
サラサラ、軽〜く、しなやかに♪
ダメージ感も感じられなくなる。

そんなことが以外と多いんです。

 

まとめ

 

髪の表面を「濡らす」だけじゃなくて

髪の内部にまでしっかり

水(お湯)を「浸す」。

 

これはもはや
ヘアケアの一種と考えてもらっていいと思います。

これにより、より一層
髪の状態が良くなり、美しい髪が維持できる♪

詳しい方法などはなかなか文章だは伝わらないので
お店に来られた時に直接 聞いてください(^^)
ちゃんとレクチャーさせてもらいます♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です