たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

サロンモデルさん募集中♪

人に喜びを与えるということ

   

WRITER
 
スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

心に響く言葉から学ぶこと

 

先日、実家に帰ったときに父から

いい話、ためになる言葉を毎日紹介している人がいるから、メールそっちにも転送するよ

と言って送ってくれてるメールがあって。

確かに納得することが多いので、今日はこちらでも紹介させてもらいます。

 

ー以下引用ー

 

「人に喜びを与えるということ」

 

植西聡氏の心に響く言葉より…

アメリカに、大富豪になったA氏という人がいました。
彼は、若い頃に事業を起こし、成功しました。

それからは、数々の会社を乗っ取り、事業を拡大していきました。

そしてついに、

地位・名誉・財産 の全てを手に入れたのです。

 

しかし、A氏のやり方があまりに自己中心的で、自分の利益の追求しか考えてなかったので、社会的な批判を浴び、人々から嫌われてしまいました。。

そして最後、死ぬ時になって

「私の人生は、大変不幸だった」

という言葉を残したのです。

 

いっぽう、それと反対の人生を送ったB氏がいます。

彼は貧しい生活をしていて、しかも、目も耳も不自由でした。

それにもかかわらず、人々の為に世界中を旅し、身体の不自由な人々を励まし続けました。
多くの人々に喜びを与えた為、多くの人から感謝されたのです。

そして最後、死ぬ時になって

「私の人生は、大変幸福だった」

という言葉を残したのです。

地位、名誉、財産全てを手にしたA氏が最後に不幸な人生に終わったといい、物質的なものは何も持たずに人のために尽くしたB氏が、幸せな人生に終わったというのはなぜなんでしょうか。。

そうです。

人間は、いくら物質的に恵まれていても、人から喜ばれ感謝されないと、本当の幸福感は得られないのです。

なぜなら、私たち人間が生を受けた本当の理由が「人から喜ばれ、感謝される事」にあるからです。

すなわち、私たちの最高の願望は、財産を作ることでもなく、会社で出世することでもなく、大きな邸宅に住むことでもなく、「人から喜ばれ感謝される事による幸せを得る事」なのではないでしょうか。

その為には、人々に喜びを与え続けなくてはなりません。

「ここまでやればいいだろう」「もうこれで十分」という事はけっしてありません。

幸福を願うなら、あなたの幸福の泉の水を惜しみなく、人に分け与える事が全てです。

泉は、絶えず湧き出る水を全部周りに与えてしまうからこそ、れることなく、絶えず奥底から、清い水が溢れ出るのかもしれません。

人生もそれと同じで、人に幸福を与え続けていけば、自分自身の幸福の泉もけっして涸れることはないのです。
この姿勢が ”幸せを循環させる生き方”につながっていくと思うのです。

 

『運のいい人は知っている「宇宙銀行」の使い方』

「出入口」という言葉はあるが、「入出口」という言葉はない。

出るのが先で、入るのは後だからだ。
いくら膨大な数の本を読んだとしても、それを自分だけの知識としてため込んでおくなら、だたの自己満足に過ぎない。

お金も同じで、ただため込んでおくだけなら、その札束は、ただの紙切れと同じ。

知識も、お金も使ってこそ世の役に立つ。

そして、それを人の為に使えば使うほど、知識も、お金も入ってくる。
満タンになったバケツに、もうそれ以上水は入らないのと同じ理屈。

ケチな人ほど、自分の得た情報や知識の出し惜しみをする。

人に喜びを与えるという、人が持つ究極の楽しみにまだ目覚めてないからだ。

惜しみなく、人に喜びを与える人でありたい。

 

 

ー引用終わりー

 

人に喜んでもらえる仕事を目指して

また、今の現状に最大限感謝をして

今日も1日、楽しんできます(^^)

 

ってことで 今日はここまで!

最後まで見てくれて ありがとうございます♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です