たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

サロンモデルさん募集中♪

雨の日、髪がまとまらない原因と対策その2

      2018/05/15

WRITER
 
スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

 

髪がまとまらない方への対策。その続き

 

雨の日に気になる 髪のおさまりの話。

昨日の続きです。

 

昨日のポイントでは

①「しっかりと髪を濡らして、しっかりと乾かす。」

②「シアバター系のスタイリング剤をつける。」

ということでした。

 

でも、それではまとまらない、物足りない方への

提案第2弾。

早速いってみましょう(^^)

 

 

対策その3。ストレートアイロンを使う。

 

 

ドライ後、仕上げにストレートアイロンを使用。

正直、これが一番 直接的で効果的♪

アイロン温度は140〜150度ぐらいにしておいて

薄くスライスとってストレートアイロンすーっと入れれば

つやつやさらさらのヘアーの出来上がり(^^)

最近のは安くて高性能なものが手軽に買えるので

一つ持っておいても損はないです。

 

まとまらない方が一番気になるところだと思う

「キューティクルのボワボワ感」

これもストレートアイロンを通すことで

キューティクルも整い、一気に解消される♪

あ、もちろん やりすぎ注意ですよ(^◇^;)

高温で髪に何回も通すと、髪に必要な水分まで蒸発させてしまって

カッスカスな質感になり、余計バサつく恐れがあります。

ご注意ください。

サロンで直接聞いてもらえば、しっかりとやり方、ポイントをレクチャーしますからね♪

 

で、このストレートアイロンを使う方法で

重要なアドバイスがもう一つ。

 

「必要なところにポイントで使う」

ということ。

 

デザインによって多少違いはありますが

おおよそ、ボサボサになりたくない、ストレートタッチがいい部分ってのは

「前髪含む顔周り」がメイン。

だと思うのです。ノリ調べですが。

全体的にボワっとしてハネたりしてても

前髪含む顔周りがストレートでツヤがありまとまってたら

なんかいい感じになるんですよ(≧∇≦)

後ろのボワっとしたハネ髪も、そういうデザインみたいに見えてくるから不思議w

もちろん、カットデザインありきの話ですけどね。

そういう風に作ってあげれば、最小限のアイロンワークで、落ち着いた似合うデザインって作れると思う。

 

ということで

なにも全体ストレートに整えなくちゃいけない。なんてことは決してないんですよ〜

ポイントで使うことで、短時間、比較的簡単にいい感じは作れるんですよ〜

ということを頭に置いといてください(^^)

 

 

対策その4。ストレートパーマをかける。

 

これ、ノリ的に

最終手段。

あまりにもボワボワがひどい、クセが強い、

自分でストレートアイロンセットするにも

後ろなんかできないし、限界。。

という方への対策。

 

 

これも、すべての髪を綺麗にまっすぐにー

というわけではなくて。

自然なストレート、程よくツヤのある手触りがいい髪。

これが着地点なので、そこを見失わないように。

具体的には、シルエットが膨らむ原因になる、内部の強いクセは

しっかりとストレートにして、丸み、やわらかさが欲しい毛先は

自然な丸みを残す。

同様にボリュームを残したいトップは、根元のふんわり感残して

まっすぐにしすぎず、キューティクルを整える程度のパワーでストレート。

そんなイメージ。

「デザインするストレート」で、元からその髪質だったかのようなストレートを目指して、今も改善を重ねてます。

 

そして、正直に言って

ストレートパーマ(縮毛矯正)することによるデメリット

というのもある。

 

・一度しっかりストレートにかけた髪にカールパーマかけるのは難しい。

・根元ストレートにした時はいいが、伸びて切ってを繰り返し、ストレートにした根元が毛先付近まで来た時、カットするとどうしてもピンピンのストレートすぎる質感になってしまう。

 

などが代表的なデメリット。

それをなるべく自然に、後々もいい感じを維持できるように

様々な工夫を凝らして、改善していってます。

この追求に終わりはないでしょうね。

 

 

対策その5。ナイトキャップ!

 

この絶大な効果を知らない人 意外と多い。

「ナイトキャップ」って知ってます?

 

↑こんなのね。

OrangeAnanas シルクナイトキャップ 天然シルク100%

 

このシルクのナイトキャップをかぶって就寝することで

寝てる間の摩擦ダメージを大幅に軽減!

擦れることでキューティクルの形状が変わり、ボワボワしてたのが

ナイトキャップをかぶって寝ると、朝起きたらつやつや♪

うちの奥さんも体感して、今や手放せない一品となってます♪

以前、ブログでレポもしました(^^)

 

摩擦ダメージから守ってくれるのはもちろん

毛穴から出る油分が適度に毛先まで行き届く

そのサポート的な役割もナイトキャップはしてるんではないかと妄想(≧∇≦)

これでいい状態で朝を迎えれば

その日の朝のスタイリング時間、大幅短縮できます(^^)

 

 

まとめ

 

思いつく限りできるだけ

提案させてもらいましたがいかがでしたでしょうか。

すぐお家で実践できることから

お店でしっかり相談の上、された方がいい技術まであるので

まずはお家で自分でできる方法

 

①しっかり濡らして、しっかり乾かす。

②シアバター系スタイリング剤使ってみる。

③ストレートアイロン使う。

⑤ナイトキャップ使ってみる。

 

これらから始めてみてください。

てか ほとんど家でできるね(≧∇≦)

 

で、やってみて

うまくいく、いかないこと出てくると思うので

そこで私ノリに相談していただくと

的確なアドバイスがしやすいです(^^)

よりクオリティー高い 梅雨時期の対策がとれると思います♪

 

ぜひ、ご参考にしてみてくださーいヽ(*^^*)ノ

 

 

ってことで 今日はここまで!

最後まで見てくれて ありがとうございます♪

 

 

ノリのプライベートレッスン始めます♪

詳しくは。。

【カット&コテパーマ】講習、受付開始します!(^^)

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です