たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

サロンモデルさん募集中♪

「不幸は幸福につながり、幸福は不幸につながる」

   

WRITER
 
スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

心に響く言葉集より。

 

毎日、父より届いてるメール

「心に響く言葉集」

今までも何度かブログにしてきました。

 

先日届いたメールも、今の自分に響く言葉だったので、ここでシェアしたいと思います。

 

ー以下引用ー

 

「不幸は幸福につながり、幸福は不幸につながる」

 

浜松医大名誉教授、高田明和氏の心に響く言葉より…

私たちは成功したり、地位が上がったり、周囲に尊敬される事を望みます。
そして当然ながら、その事を何も悪い事だと思っていません。

ところで、ブッダも達磨も「因縁の法則」という事を述べています。

善因善果ぜんいんぜんか」といいますが、私たちの思う事、行う事の全てが「宇宙の預金通帳」といわれる「業」に記録されます。

 

善い事をすれば善業として貯金され、それが幸運につながります。

一方、悪い事をすれば悪業として通帳の借金になり、不運につながるのです。

 

ブッダも達磨もこういっています。

失敗したり、悪い事が起こったりすると人はぺしゃんこに挫けるが、実はそれは業の借金を払ったようなものだ。いつかはとり立てられなくてはならない借金を払ったのだから、借金なしになったと思えばよい。

一方、善い事が起こる、幸運に恵まれると有頂天になるが、それは今までの貯金を使ったようなものだ。
だから益々善い事をして業の貯金をしなくてはならない、と。

これはとてもいい教えです。

つまり幸運という事は不幸に繋がりやすく、不運というのは幸福に繋がりやすいという事になるのです。

ですから、今が幸せといって喜んでいられないという事になります。

そこでいい気になれば足をすくわれるからです。

人生は山あり谷ありです。

この事を初めて悟られたブッダの驚きはいかばかりであったかと思うのです。

「生老病死」の「生」が苦諦くたいの一つだという事はこの事なのです。

生きる事は不幸に繋がりやすいし、また成功する事は「楽」になるという事になります。

でも楽になるという事は、実は次に不幸に向かっているというのですから、喜んでばかりいられないという事になります。

禅ではよく「楽中苦あり、苦中楽あり」などといいますが、この事です。
もし、あなたが今、苦しい思いをしているとすると、あなたは業の借金を払っている事になります。

ですから、幸運が目の前にきている、そう思ってよいのです。

一方、あなたが成功して、地位が上がったり、人からちやほやされるという事は、業の貯金を現在使っている事ですから、生き方に注意して、決して傲慢にならない様にしなければなりません。

自慢したりして人を不快にしたり、心を傷つけたりしないようにしないといけません。

それを忘れると運を使い果たし、その先に失敗が待っています。

幸福が不幸につながるのです。

何というどんでん返しでしょうか。

私はこの事がブッダの教えの最も重要な事の一つだと思っています。

過去に如何なる人、如何なる宗教人もこれに気付いた人はいませんでした。

この事に気づくことが「心が楽になる」最良の方法なのです。

 

📖『人生の目的は「心が楽になること」』新講社

 

功成り名を遂げた人が、転落するケースは多い。

一生使い切れないほどの収入を得ているのに、まだ足りないと強欲にさらに金銭を求める。
「好事もなきにしかず」という禅の言葉がある。

「良き事も、かえってないほうがよい」という事だが、普通なら良い事はあったほうがよいと思う。

人もうらやむ様な成功をして、莫大な富を得る事によって、傲岸不遜ごうがんふそんの芽が出て、周りが見えなくなる。

成功したり、巨万の富を手に入れるという事は、もっと「謙虚にやりなさい」「人の幸せのために、お金や労力を使いなさい」「世の為人の為に仕事をしなさい」という天からのメッセージ。

「不幸は幸福に繋がり、幸福は不幸に繋がる」

不幸の時は決してくさらず、幸福の時はさらに謙虚に、を心がけたい。

 

ー引用終わりー

 

自分の過去の経験から感じる事

 

お店を経営する様になって7年。

これまで経験してきた事を振り返っても、先に言われてる様な事が確かにあるな〜と実感。

良い調子で成長しててノってる時、知らず知らずのうちに傲慢になって、大きな落とし穴に落ちたり、
大きな試練が訪れた時も、歯を食いしばって諦めずに前を向いて進めば、光が差してきたり。

そんな事の繰り返して、何とかやっていけてるんですよね。

そんな経験があったからこそ、この言葉の意味が自分の中に深く入る。

 

また、忘れて調子乗っちゃった時に、辛く苦しい事が訪れた時に

この言葉を思い出して、行動したいですね。

 

 

ってことで 今日はここまで!

最後まで見てくれて ありがとうございます♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です