たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

サロンモデルさん募集中♪

「デジタルパーマ」と「デジキュア」使い分けの見極め方①

      2018/10/28

WRITER
 
スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

「デジタルパーマ」と「デジキュア」どう違うの??

 

このレシェルブログでも 度々登場する

「デジキュア」

ホット系パーマ、デジタルパーマの一種で

施術時間が短く、簡単で 再現性が良いカールがメリット。

「デジキュア」って?
アルカリゼロ・弱酸性で、髪への負担を極力減らしたパーマ剤。 トリートメント成分(ペリセア・セラミド・ホホバオイルetc…)を高濃度で配合。 熱や薬剤の負担を抑えられ、ホットパーマにありがちな硬い手触りやパサつきが少ない。 一般的なデジタルパーマに比べて、施術時間が短くて短時間でウェーブが得られる。

 

 

なんですが

すべてのパーマの方に「デジキュア」施術をするってわけではない。

そこは一番いいと思われる方法を見極めて、技術をチョイスするんです。

 

今日は 同じホット系のパーマである

「デジキュア」 と 「デジタルパーマ」

このにてるようで似てない2つ。

実際に施術するとき、どんな時にどちらを選ぶのか

選択のポイントを、詳しく解説したいと思います♪

 

兵庫県姫路市のとなり

そうめんと醤油の町「たつの市」にある理美容室

ヘアーサロン・レシェルブ。

ぺったんこ髪を救う

お助けヘアスタイリスト

NORI (ノリ)です♪

NORI 自己紹介♪

 

 

○あなたも「サロモ」してみない?(≧∇≦)

サロンモデル募集のお知らせ

 

◯レシェルブゲストの嬉しい口コミ集♪

お客様のお声♪

 

 

 

共通キーワード「乾いたときに再現性があるカール」

 

ホット系パーマ特有の再現性が高いカールorウェーブ。

いわゆる、乾かした時にパーマのカールorウェーブが出やすいってこと。

お家でのスタイリングの簡単さにつながりますからね。

これは大切なポイント。

 

これに関しては 多少の誤差はありますが

「デジキュア」、「デジタルパーマ」共に

 

「ある」

 

と言っていいと思います。

 

「デジタルパーマ」は ある程度、乾燥までいくのに対して

「デジキュア」は、完全には乾かないで

「蒸す」

ような状態で熱を加えるので

その違いは 多少出ます。

が それほど大きな違いではない。

 

じゃ デジキュアでよくない?

 

時間も短く 簡単なプロセス。

パーマの再現性も高い「デジキュア」。

 

 

 

IMG_9258

 

なら ホット系のパーマデザインを希望される方は

すべて「デジキュア」で よくない??

って 思いますよね。

 

うん。そうなんだけど。。(^_^;)

 

「デジキュア」で 対応できるデザインや、髪質・髪の状態の方だったら

それでした方が簡単で早いし、良いでしょうね。

 

ただ ですね

どんな薬剤や 施術方法でもそうですが

 

どれでもこれでもこの方法(薬剤)一つでOK〜な、そんな魔法の方法(薬剤)なんて、残念ながら無いのですー(^_^;)

 

「デジキュア」に関しても そう。

やはり これでは対応できない、マッチしないパターンもあるんですね。。

 

それはどんな髪質? 状態?

 

って ことですよね。

シンプルに説明しますと、デジキュアでは上手くいきにくい髪質・状態はこの2点。

 

・黒髪・硬い直毛

・キューティクルがしっかりしてそうな髪質

 

な方ですね。

 

IMG_9705縮小

 

理美容師さんならお客さんの一人や二人、思い当たる節 あるでしょ〜

めっちゃ硬ーい太ーい髪質の方。

「キューティクル 何十枚あるの〜(゚o゚;;」

って 思わず突っ込みたくなるようなw

 

そういう髪には

「デジキュア」は不向き。

 

例えて言うなら

 

”分厚いデニム生地を

細〜い縫い針で繊細に縫って

洋服を形作っていこうとしてる。。”

 

て感じ。

 

デニム生地

 

トゥーマッチな感じ するでしょ(^_^;)

すっごく力いるし、いつまでたっても洋服できないような(汗)

 

元々「デジキュア」は

弱酸性・ノンアルカリのお薬。

しっかりしたキューティクルを開く、緩めるためには、しっかりとアルカリ効かせる必要がある。

そこは”適材適所”ってやつですね。

 

こういう場合は

「デジタルパーマ」をチョイスすることが多いです。

必要な分のアルカリを効かせて、しっかりと乾燥工程。

元に戻ろうとする力が強いこの髪に合った方法をチョイスします。

 

では 実践例。。

 

と いきたいところですが

それはまた、明日へのお楽しみ♪

 

「デジキュア」が苦手とする、「黒髪(ノンカラー)・キューティクル分厚い・硬い」 条件の揃った方に登場いただき、「デジタルパーマ」で するメリット、なぜデジパなのか?といったところを書いていこうかと思ってます。

 

 

カミングスーン♪

 

 

IMG_6965

 

 

※3部作、続きはこちら♪

 

 

ってことで 今日はここまで!

最後まで見てくれて ありがとうございます♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です