スポンサーリンク



 

レシェルブは JHD&C(ジャーダック)

に登録している

ヘアドネーション賛同サロンです♪

 

「ヘアドネーション」とは?
頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供する活動。 寄付された髪の毛は、JHD&Cによって選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、レシピエントの元に届けられています。 ☞JHDAC公式HPはコチラ

 

 

「ヘアドネーション」の活動自体は以前から知っていて

希望された方にはさせていただいてたんですが

正式に「賛同サロン」となったのは

今年の夏前ぐらいから。

 

そこから「ヘアドネーション」のお問い合わせが急増して

たくさんの方に 善意の

「髪の寄付」をしていただいてます(^^)

 

 

 

本当に ありがとうございます(^^)

 

今日は

ヘアドネーションしてお預かりした髪が

どのようにしてウィッグに使用できる髪へと

変わっていくのか

 

 

 

お友達美容師さんのブログや

JHD&C(ジャーダック)の公式ページを

引用させてもらいながら

ご紹介していきます(^^)

 

 

 

 

兵庫県姫路市のとなり

そうめんと醤油の町「たつの市」にある理美容室

ヘアーサロン・レシェルブ。

ぺったんこ髪を救う

お助けヘアスタイリスト

NORI (ノリ)です♪

NORI 自己紹介♪

 

 

○あなたも「サロモ」してみない?(≧∇≦)

サロンモデル募集のお知らせ

 

◯レシェルブゲストの嬉しい口コミ集♪

お客様のお声♪

 

 

 

 

先日、送らせていただきました♪

 

約1カ月分の

「ヘアドネーション」された方の

毛髪。

 

 

お一人ずつ

「ドナーシート」といわれる

仕分け作業時に必要な情報を記した用紙を

入れて簡易包装。

 

 

これで毛髪の選別がしやすくなるそうです(^^)

 

そして 一つにまとめて

JHD&C(ジャーダック)へと

送らせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

この後って どのようにして

ウィッグ用の毛髪になっていくのか

興味ありますよね(^^)

 

すごくわかりやすく

「その後」が書かれたブログがあるので

ご紹介します♪( ´▽`)

 

 

スポンサーリンク



 

 

お友達美容師さんが分かりやすく解説♪

 

奈良県にある人気美容室「ぬっく」

オーナーであり 人気ブロガーでもあり ママさんでもある、

尊敬する お友達美容師の一人

「ゆかこちゃん」♪

 

プライベート美容室『ぬっく』 | 近鉄奈良駅から徒歩7分、マンツーマンのプライベート美容室『ぬっく』いくつになっても輝き続ける人でいてほしい! あなたのライフスタイルや思いをカタチに出来る、そんなスタイルを提案しています❤️

 

のブログがとっても分かりやすくて

参考になるので ぜひ見てみてください♪

 

『ヘアドネーション』カットのその後 | プライベート美容室『ぬっく』

 

JHD&C(ジャーダック)代表・渡辺さんとゆかこちゃん)

 

 

以下、JHD&C(ジャーダック)のInstagramより引用

 

 

 

【JHD&C 原毛処理工程 vol.3】表皮(キューティクル)のみを酸性の薬品で取り除いた後 毛髪のPHを整えるのに薬品で中和作業を行います この時点では様々なドナーの方の毛髪 の質感が整ってきますが、色味はまだ皆バラバラの状態です。 ダメージの大きい毛髪は酸性の薬品で溶けてしまったりしてしまうので、放置する時間や中和するタイミングが相当の経験則がいるようです ファッションウィッグと呼ばれるものはこの工程の前にガッツリブリーチ剤で色を抜いていくのですが、皆様の毛髪はなるべくダメージを避ける為その工程はあまり使用しないとの事。 意外と匂いはきつくないのが印象的でした #職人技 #毛髪処理 #ヘアドネ #ヘアドネーション #ミャンマー#ヘアドネーション#ヘアードネーション#japanhairdonationandcharity #JHDAC

A post shared by NPO JHD&C (@npojhdac) on

【JHD&C 原毛処理工程 vol.7】お昼休みが終わり、どこからか皆、職人さん達も戻って来て、また作業再開です。染め上がった髪の毛は何回も濯ぎながら手作業でほぐしながら絡まった髪の毛の束を丁寧に丁寧にほぐしていきます。 この際、毛髪の表皮(キューティクル)を薬品で取り除いてる為にあんなに絡まっていた毛がほぐれやすくなっています。 本当に気が遠くなる様な作業を職人の技で黙々とこなしていっています。 #ヘアドネーション #japanhairdonationandcharity #jhdac #hairdonation #原毛処理#ヘアドネ#ヘアードネーション #ヘアードネーション初めてで唯一のドネーション団体 #職人技

A post shared by NPO JHD&C (@npojhdac) on

【JHD&C 原毛処理工程記 vol.8】 染毛された毛髪は解きほぐされ、一定の毛束にしてゴムで結わえて束ねていきます。左がまだ絡まった状態の毛束です。右側が解きほぐされ束ねられた毛束。 この段階で薬品を使った毛髪の処理はほぼ終わりとなります。 この排水はどうなるんだろうと?と思い質問したところ、廃水はタンクに流して溜めて石灰と混ぜて中和し無害化したのち廃水処理業者に引き渡すとの事をおっしゃておりました。 これまでのコミニケーションは全て英語で行われていますが(私達も一応喋れます)職人さん達とは英語が喋れ無い為身振り手振りでコミニケーション! #ジャーダック #ヘアドネーション #ヘアードネーション #japanhairdonationandcharity #原毛処理 #ジャーダック

A post shared by NPO JHD&C (@npojhdac) on

【JHD&C 原毛処理工程記vol.9】 束ねられた毛束は専用の脱水機にて脱水します。 先ほどの工程でゴムでしっかり結わえているのでバラバラになることは無いそうです 音も意外とうるさくなく、なんだか喋ってる間にいつの間にか終わっていました。 まさか、髪の毛を脱水機にかけるとは思いませんでした、、やはり自分の目で見て見ないと分からないものですね。 ここの作業場でのプロセスはこれでおしまいになります。髪の毛の質感、色を均一化し終わった皆様からドネーションされた毛髪はこれから違う作業場へと運び込まれて乾燥プロセスをへて、別の工程作業を行なっていきます。 ここまでで既に9つの処理作業が行われました。 やはり、人の手でないと出来ない工程が多いと感じました。機械化は難しいだろうなあと言うのが見せて頂いて感じた事です。 #原毛処理 #japanhairdonationandcharity #ヘアドネーション #ヘアードネーション #ジャーダック #職人技#ヘアドネ#JHDAC #職人

A post shared by NPO JHD&C (@npojhdac) on

【JHD&C 原毛処理工程記vol.10】 皆様からドネーションされた髪の毛は乾燥作業場(ドライプロセス)と呼ばれるところに運ばれて乾燥作業に入ります。 この作業所は天井がガラスで出来ていて太陽の光で乾燥させます。 雑菌が繁殖しない様にスピードよく並べていきます。 カートに乗せられているのが先程の科学処理された皆様からドネーションされた髪の毛です。意外と広い場所でした。 ちなみに干してあるのはミャンマーの小数民族のブリーチされた毛髪だそうです。一瞬 畳鰯が干してある様に見えてしまいました(^^) こう見ると毛髪の束も薬品処理後はかなり目減りしているのがわかります。天気にもよりますが約丸1日で乾くそうです。並べ終わった髪の毛の写真は残念ながら撮り忘れてしまいました🙏 #職人 #JHDAC #ジャーダック #職人技 #ヘアドネーション #ヘアードネーション #ミャンマー#畳鰯的#japanhairdonationandcharity

A post shared by NPO JHD&C (@npojhdac) on

【JHD&C 原毛処理工程記vol.11】 昨日の化学処理を終えた毛髪が乾燥が終わり、本日から梳毛、選毛、整毛、結束作業が始まります。 この梳毛作業はまず、化学処理を終え乾燥させた毛髪を大きな剣山のような道具で梳かして毛髪に艶を与えゴミや汚れなどを取り除いていきます。 髪の毛のをブラッシングする感じに近いです。写真だとわかりずらいのですが、この工程が職人技の極みを感じました。職人さん一人一人間仕切りされた低い作業机で黙々とこなしていきます。 この間仕切りは隣の職人の毛髪が混じらない目的で使われています。 音楽や喋り声は全く聞こえず、ただただ髪の毛を梳く音だけが響いています。 細かい物を扱うので集中する為に音楽等はかけないようです。 余りにも皆、真剣過ぎてカメラのシャッターを押すのに気後れしてしまうほどでした。 毛髪科学処理の作業場の和気あいあいした雰囲気とは対極に有ります。 この工程は本当の熟練職人しか出来ないとないようです。 #ヘアドネーション #jhdac #japanhairdonationandcharity #hairdonation #ヘアードネーション #JHDAC#髪の寄付

A post shared by NPO JHD&C (@npojhdac) on

【JHD&C 原毛処理工程記vol.12】 梳毛が終わると毛髪の選毛作業に移っていきます。 この工程では髪の毛の状態や長さなど細かいカテゴリーに仕分けて行く作業を行います。 これがなんと手仕事というのが気の遠くなる話です 。 職人さんが1束1束髪を掴み長さや髪質によってパッパと分けて、剣山で梳きながらツヤを出していきます。 その選毛の作業の速さは目を疑います。 熟練職人しか出来ないのも納得です。 この科学処理した髪の毛表皮(キューティクル)を剥がしていますので毛髪に天地がない状態です 。 ご自身の毛髪を触られると実感できると思いますが、毛が生えてる方向の逆から触ると少し引っかかりがあると思います。この引っ掛かり(毛表皮)を無くしていますので、どちらの向きの髪の毛が混じっても使用できる状態です。 この辺りの工程に移ってから、理事長にはお手伝いさせてもらえなくなりました😅かなりセンシティブな作業にようです さてこの気が遠くなるよ選毛作業が終わると次の工程に移っていきます。 #hairdonation #japanhairdonationandcharity #jhdac #JHDAC #ヘアドネーション #ヘアードネーション#ヘアドネーション日本唯一で初めてのnpo団体 #ジャーダック #髪がつなぐ物語

A post shared by NPO JHD&C (@npojhdac) on

【JHD&C 原毛処理工程記vol.14】 いよいよ最後の工程です!!! 生まれ変わった皆さんからドネーションされた髪の毛は約20人分程度の髪の毛の束に結束されます。職人さんの凄さは何も計らずしてもほぼ全部誤差なく感覚のみで同じ重さの髪の束に結束されていきます。 手仕事の凄さを思い知りました。 ちょうど皆様からドネーションされた髪の毛を工場到着から最後の処理まで追いかけることができて、結束作業を目の当たりにしてなんだか目頭が熱くなってしまいました。 この後、生まれ変わった毛髪は梱包され、また日本へ送り返されます。 #ヘアードネーション #ヘアドネーション #ジャパンヘアドネーションアンドチャリティー #jhdac #japanhairdonationandcharity #髪がつなぐ物語

A post shared by NPO JHD&C (@npojhdac) on

 

 

 

 

たくさんの人の”想い”がこもったウィッグへと・・・

 

このように たくさんの人の手と手間をかけて

みなさんから頂いた髪が

美しいウィッグとなって

たくさんの子供たちを笑顔にしてくれる。

 

僕自身が今、関わらせてもらうのは

カットをして 可愛く仕上げて

頂いた髪を送るところまで。

でも

それが 髪を提供する人やウィッグをもらう人

その他に関わるすべての人の 笑顔に繋がってるんだと

改めて実感することができました。

 

また気持ちも新たに

たくさんの人の笑顔につながるこの活動に

誇りを持って 関わっていきたいと思います(^^)

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【告知】

 

「ノリのコテパーマ

プライベートレッスン」始めます♪

日時・受講料や詳細は

ノリのFacebook ←メッセンジャーか

レシェルブのLINE@

友だち追加 ←ポチ

lecielb28@gmail.com ←メールアドレス

 

で確認してください(^^)

 

詳しくは。。

【コテパーマ】プライベートレッスン開始します!(^^) | たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ
  スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});       ノリの「コテパーマレッスン」 受けてみない? (≧≦)     兵庫県姫路市のとなり そうめんと醤油の町「たつの市」にある理美容室 ヘアーサロン・レシェルブ。 ぺったんこ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

スポンサーリンク



 

お休みのお知らせ

 

 

 

 

ご予約の前にお読みください

 

ご予約はこちらから♪

 

 

初めての方は

お電話でご予約ください。

TEL : 0791−63−9626

 

 LINE@のお友達登録もお待ちしてます♪

 

友だち追加数

 

◯アクセスはこちら♪ → 地図を見る

◯営業時間: 火〜金 9:00〜18:30

      土日祝日 8:30〜18:30

◯定休日: 月曜日・第3火曜日

 

 

レシェルブブログおすすめ記事♪