たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

サロンモデルさん募集中♪

「デジタルパーマ」と「デジキュア」使い分けの見極め方③(デジキュア編)

      2018/10/31

WRITER
 
スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

いよいよ「デジキュア」編

 

連載になってます このシリーズ。

昨日までのを見てから 続きご覧ください♪

 

 

見ました?

 

では 今日は「デジキュア」が合う方の

施術例も交えた解説、いきましょう〜♪

 

 

兵庫県姫路市のとなり

そうめんと醤油の町「たつの市」にある理美容室

ヘアーサロン・レシェルブ。

ぺったんこ髪を救う

お助けヘアスタイリスト

NORI (ノリ)です♪

NORI 自己紹介♪

 

 

○あなたも「サロモ」してみない?(≧∇≦)

サロンモデル募集のお知らせ

 

◯レシェルブゲストの嬉しい口コミ集♪

お客様のお声♪

 

 

 

時短・カンタン・ふわゆるパーマ♪

 

「デジキュア」 ってのは カンタンに言うと

 

「つけ巻きデジタルパーマ」

 

髪の結合を切って柔らかくするパーマ1剤を、髪につけたままデジロッドON。

そのまま加温。

 

IMG_6217縮小

 

通常の デジタルパーマのお薬だと

アルカリ度が高くて髪にかかる負担が大きく

リスクが高くて とてもじゃないけど出来ない。。

 

それが「デジキュア」だと

弱酸性・ノンアルカリのお薬で

弱酸性域でもウェーブ力を発揮する

還元剤(髪の形状を変えるためのお薬)を使用してるので

ノンアルカリでもかかる。

というわけ。

 

当然

還元剤を使用してるので

全然ダメージないかと聞かれれば

「そんなことはない」と答えます。

化学薬品ですからね。ダメージはありますよ。

でも

 

結果、髪がゴワゴワしたり

ザラザラ・バサバサになったりは

絶対しないです。

 

むしろ デザインしやすく

扱いやすい髪になってくれると思いますよ♪

 

 

デジキュアにマッチする髪の方は・・・

 

意外と 幅広く 多いと思う。

基本的には

 

カラー毛で

キューティクルがある程度開いてる髪。

髪にクセなどがあり少し乾燥してる髪。

(キューティクルが開きやすい状態)

 

といった髪や状態が 一番マッチするかと。

 

IMG_6365縮小

 

 

こういった髪質や 髪状態の方達ですね。

カラーに関しては 今やほとんどの方がされてるので

これだけで対象になる方は多くなると思います。

 

これは当然ですが、

普通のパーマの条件と同じようにダメージしすぎて髪テロテロになってるようだと、どんなんでもうまくいきません。。(^◇^;)

弱酸性だろうが ノンアルカリだろうが。ね。

 

温める → 2剤処理 → 仕上げ

 

めちゃシンプルでしょw

1剤の放置時間も無いし

一旦流して そこからロッドを巻いていく・・・

なんて時間も省ける。

 

通常の「デジタルパーマ」に比べて

30分〜1時間は 施術時間短縮になりますね♪

 

施術動画♪

 

 

 

あとは デジタルパーマのやり方よろしく

仕上げ ぶわーっと乾かして

完成〜♪

 

・After

 

IMG_9258縮小

 

 

てな 感じ♪

Before → After集

 

 

 

あてはまる条件だったらカンタン・時短の方がいいかも♪

 

パーマをあてるのに

必要なパワーってあると思うのですが

この場合

強すぎてもダメ。弱すぎてもダメ。

なんですね。

強く、しっかり持つパーマをあてたいからといって

強いパワーの薬を使って高い熱を加えても

髪に対して合っていなければ(パワーがオーバーすぎると)

しっかりパーマにはならない。。下手するとダメージ毛になる。。

逆もまた然り。

何事も バランスなんですね。

 

 

「デジタルパーマ」の薬や方法ではパワーが強すぎるって方が、意外と多いんです(ノリ調べ)

 

もちょっとゆるやかに

シンプルにできるんじゃないかと。

 

そこでこの

「デジキュア」がマストになってくるわけですねー♪

 

まとめ

 

連載でお送りしてきました

「デジタルパーマ」「デジキュア」

使い分けの見極め方講座。

参考になったでしょうか。

 

どちらが自分にいいのか わからない〜 って

思われてる お客さん的には

 

”信頼できる担当理美容師を見つけて

しっかり相談の上、プロに決めてもらう”

 

これが一番、失敗がなくいい結果が得られると思います♪( ´▽`)

 

ステキなパーマライフをお送りください〜♪

 

 

ってことで 今日はここまで!

最後まで見てくれて ありがとうございます♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です