初めての方は電話でご予約お願いします

たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

「パーマしたい」方へのお手紙#5・縮毛矯正した髪について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

縮毛矯正(ストレートパーマ) しました??

 

もうちょい続きますよ〜 このシリーズ

前回までの復習しておいてね

 

 

今回は

縮毛矯正(ストレートパーマ)した髪についての お話。

 

ちと シビアな話になるかも・・・(汗)

 

 

今現在の 髪の中で

以前に 縮毛矯正した部分はあるか?

ってことなんですが・・・

 

もしあるとして、

そしてもし、そこにパーマするとしたら

 

それは、なかなか厳しい条件だということ。

 

これをちょっと理解してもらいたい。

 

 

IMG_0363 (1)縮小

 

そのような状況の方のパーマは

お断りされてるサロンもあるぐらいですからね。

 

状況によりけりですが

うちは できそうだったらさせてもらいます♪

僕が判断してね。

もしかしたら思い通りにはいかないかもしれないと

お客様には伝えて 了承済みで(^^)

というのは それぐらい

 

「不確定要素」

 

が多い施述になるんです。

 

 

なんでか

 

そもそも 縮毛矯正とは

アルカリと還元剤で軟化させた毛髪を

高温のアイロンでまっすぐに矯正し

2剤処理で再結合させる技術。

 

この

高温アイロンでストレートに矯正させる

という部分

 

 

熱処理によるタンパク変性で

強固にストレート形状を維持させている。

僕の勝手なイメージだと

キューティクルまで半分溶解させて ストレートに固定させてるイメージ。

(あくまでノリ的妄想ね。)

 

だから 濡らしてシャンプーをしても

また乾かすとストレートの状態を維持できてるんですね。

 

これをいざ パーマでカールもしくはウェーブに形状変化させるのは

かなりのパワーが必要。

当然 矯正と同じく 熱のパワーがいる。

となると

デジタルパーマ」

「コテパーマ」

しか選択肢なくなってくるわけですね。

 

 

これも あくまで僕がする場合の考え。

もしかしたら それ以外でもできるって人もいるかもですが

自分にはちょっと難しいと思ふ・・・(^_^;)

 

し・か・も

 

デジタルパーマをしたからといっても

イメージ通りのカールになるか、質感になるか・・・

 

やってみないとわからないー(^▽^;)

 

 

正直なところーw

 

もともとの髪がくせ毛で、中身が詰まってる髪だと

綺麗にパーマ当たるかもしれないですし

もともとそんなにクセなくて、でも膨らむから縮毛矯正して

高温処理して かたーい感じのストレートになってたら(いわゆるタンパク変性)

パーマ難しいかもしれませんし。。

 

上の例のように判断基準は何個かあるんですが

例外も出てきたりしますし。。(^_^;)

ほんと 不確定要素が多い。。

 

なので

「いずれ パーマしてみたいな~」とちょっとでも考えられてる方で

縮毛矯正しよう!と思った時は

 

ちょっと待って!

 

本当に必要か、よく担当美容師さんと相談して!

 

で その時

 

「もしかしたらいずれ パーマスタイルもしてみたいな~

興味あるんです~♪」

 

なんて お伝えください。

ちゃんと考えてくれてる理美容師さんだったら

これだけでも全然違うから。

後々のご自身のヘアスタイルのためにね。

 

担当理美容師さんが

先のことも考え 提案してくれると思います。

 

 

ノリだったらどうするか

 

もし僕でしたら

やっぱりパーマをあてる可能性がある部分(例えば中間〜毛先にかけてとか)はストレートせずに、根元ストレート&毛先はカールができる可能性を考える。

これですかね〜

 

 

だいたい、ストレート・縮毛矯正したい方って

根元付近や髪表面のうねりやポワポワ毛、ボリュームを気にされると思うんです。

そこはストレートに、キューティクルも艶やかにまとまってほしいところ。

それはわかる。

でも、毛先はツンツン真っ直ぐにしたいわけじゃないですよね

大多数の人は。

じゃ、そこはナチュラルなカール、ウェーブでいいんじゃないかと思います。

 

 

 

ま、それするのが難易度高いんですけどね〜(^^;;

今までの履歴、髪の状況、コンデションにもよるので

十分に診断、相談の上、しましょうね(^^)

 

ツンツン、硬くなっちゃった縮毛矯正した毛先は

切って少しずつ短くしていって

伸びてきたらパーマ、という方法の方が

安全で成功確率高くできると思います。

 

 

 

全ては

その時その時に

一番輝けるヘアスタイルになるため。

そのための施術が受けれる状態をしっかり伝えて、提案する。

そんな想いで させてもらってます♪

 

理美容師さんとの協力作業が大切ですよ〜 ってお話でした♪( ´▽`)

 

続く〜

 

 

ってことで  今日はここまで!

最後まで見てくれて  ありがとうございます♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です