たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

instagram

最近の投稿

サロンモデルさん募集中♪

シルバー”っぽい”カラーの作り方(ノンブリーチ)

   

WRITER
 
スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

シルバーカラーって難しい!?

 

シルバー、グレージュ、ブルージュ・・・

徹底的に赤みを打ち消した寒色系カラー、未だ流行ってますね。。

 

 

正直言いますと、僕はブリーチオンカラー(ブリーチしてから再度色を乗せるカラー)は滅多なことがない限り、やりません。(^_^;)

なんでかって、後々のコンディション維持が大変だし、スタイルチェンジも容易ではない。できる範囲も限られてくる。

それでもどうしても!って方にはやりますねどね(^_^;)

こういったガツっとしたシルバー、グレージュなどは ブリーチ必須ですからね〜

 

でも、ブリーチはさすがにいや〜。でもできる限りこんな風なカラーになったら良いな〜♪というゲストもおられるわけで。。(^_^;)

できうる限り、お答えしないとね。

 

・Before

そんなゲスト、ヨシコさんです(^^)

今のところ、伸ばしていく予定。今のところw

でもそのままだと飽きてきちゃうという あるあるですね(^_^;)

 

なので今回は「フルカラー」で遊んじゃいます♪

希望イメージで見せてくれた画像が、まさに「シルバー」っぽい感じだったので、できるだけそこを目指していきます!

 

カラーレシピはこれ。ってこれ重要?

 

今回、使用したカラーレシピは・・・

根元をアッシュバイオレット系6レベルでリタッチして、毛先はイルミナカラー・オーシャン8:ヌード6を2:1でオキシ1.5%。

と、一般の方にはちんぷんかんぷんなこと書いてますが

書いといてあれなんですが、正直こんなレシピ

 

そんなに重要ではない。

 

だって染める方の今の髪の状態、今までの履歴、もともと持ってる髪質、色が抜けやすいのか抜けにくいのか、などなど・・・それをふまえてのカラー選択になるし、それは人それぞれで違う。

同じカラーレシピで染めたからといって、同じ色になるとは限らないんですよね。

残念ながら今回のカラーをブリーチなしで再現するのが難しい方も実際おられる。

それぞれの人に合わせる。というのが一番重要になるわけですね。

 

ヨシコさんは常にお家でも髪のお手入れを欠かさず、良い状態をキープしてくれてて、カラーも定期的にはしてますが毎回毛先まで染めて無駄にダメージを重ねるなんてことはされてないので、髪が綺麗に見える「体力」は維持されてる。

元々の髪質もアッシュ系が出やすいし、繰り返ししてるカラーもアッシュ系なので、ベース・条件は整ってる。

なのでこのレシピで、ということですね。

 

 

うだうだと長く語って申し訳ない(^_^;)

では仕上がり♪

 

 

・After

 

♪( ´▽`)

 

 

( *´艸`)

 

 

ヽ(*^^*)ノ

 

シルバーっぽいカラーで色も落ち着いて上品♪

質感もサラサラになって

気分もあげあげでございました♪( ´▽`)

 

比べるとより違いがわかる。

 

いつも最終的には「おまかせします♪」って言ってくれるヨシコさんのおかげで、心置きなく一番の”かわいい”を目指すことができます(^^)

いつもありがとうございます♪

 

で、2人で話してたんですが

「写真の撮り方、設定の仕方でもかなり変わってくるよね〜」と。

カメラの設定の「ホワイトバランス」ってところ、いじると暖色系、寒色系と写る色のイメージは簡単に変えることができる。

参考例

(真ん中のバーを左右に移動できます)

 

 

同じ写真でもこれだけ印象が違う。

なので一般の方に向けてですけど、インスタなどで出てるカラー全てを全て鵜呑みにするのはちょっと危険かなと個人的には思う。

実際に見たときにその通りかどうかはわからないと。。

もちろん、しっかりそのカラーに染まってるベースがあるからこそなんだろうけどね。

 

という注意喚起でした。

 

 

ってことで 今日はここまで!

最後まで見てくれて ありがとうございます♪

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です