初めての方は電話でご予約お願いします

たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

最近の投稿

ロングヘアー 髪を伸ばしっぱなし 毛先がガシガシになってきた人、要注意です!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ レシェルブゲストさんのビフォーアフターやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

何もしてなくても傷みます!

 

長〜くカットもできずに、伸ばしっぱなしになったロングヘアー

一見すると綺麗だし、まとまっているように見えますよね?

 

でも、それが大きな誤解。

 

実はめちゃめちゃガシガシで、引っかかって、指も通らないの😭

 

ちゃんと毎日シャンプーされてるんですよ?

乾かしてもいるし、カラーやパーマなど髪が傷むようなこと何もしてないのになんで・・・?

と思うでしょ

 

ここで重大な真実をお伝えしましょう。

 

髪は”取り扱い方”を間違うと、傷んでしまう。

長い髪の場合は特に。

 

 

そして、長い髪の取り扱い方は

慣れてない人も多いので、難しくて

知らず知らずのうちに毛先がガシガシ傷んじゃうって人が多い😭

残念ながらこれが真実なんです。

 

シャンプーをしようと髪を濡らしても

全然中まで濡れないし、からまるばかり

ここまできちゃうと、これを自分でちゃんとシャンプーして、乾かして、綺麗な状態に整えるのは、ちょっと無理がある状態でしたね・・・

先ずは美容室でプロにしっかりとときほぐしてもらって、できる限りリセットする。

そこから自分で正しい取り扱い方を実践して、いい状態に戻していくのが正解ですね。

 

 

正しい方法ってどうやるの?

 

これが知りたいところですよね。

正直、たくさんありすぎて全部を求めると頭パンクすると思うんですが汗

重要なところをできるだけシンプルにお伝えしようと思います。

 

先ず、何より一番重要だと思う項目

それが

 

「ブラッシング&コーミング」

 

ブラシやクシで髪をとかすことですね。

 

これをしっかりするだけで、髪の汚れも落ちるし、コンディションも良好になる。

 

正直いって、この「ブラッシング&コーミング」の重要さが分かってない人が多すぎる。。(T . T)

シャンプー前はもちろん、ブラシ、クシで髪をといて、しっかり整えてから洗うのが基本。

じゃないと、くしゃくしゃに絡まってどうしようもなくなりますからね。

 

分かりやすく例えで言うと

髪の毛は「毛糸」のようなものだと思ってください。

綺麗に整えられてると、美しく、手触りもいいですよね。

でも、ひとたび絡まってしまうと、手触りは悪くなるし美しくもない

ましてやそのまま水に濡らしてしまうと、余計絡まりは取れなくなりますよね・・

そんなイメージです。

 

何より、乾いてる状態でしっかりとかしてあげること。

これだけでも長い髪を綺麗に維持するためには大きな効果がありますからね♪

 

あと、「髪をとかす」繋がりで言っておくと

シャンプー後のコーミング(クシでとかす)もしっかりとおこなってください。

とかして整えて、綺麗な状態からドライヤーで乾かす

これが大事です。

 

 

シャンプーは「濡らすこと」と「すすぎ」が大切!

 

シャンプーって、泡立ててガシガシ洗ってー

というのが大切だと、イメージ的に刷り込まれてると思うのですが

ほんとのところは違う。

 

最初の「予洗い・すすぎ」

シャンプー後の「最後のすすぎ」

が一番重要。

 

お湯で洗うだけで、80%の汚れは取れると言われています。

僕のお店でも、シャンプーする前のお湯で濡らす行程「予洗い」をめっちゃ重視していて、ここで髪をクリアな状態、プレーンな状態にするイメージですね。

ロングヘアーなら、ちゃんと毛先まで洗う、すすぐこともポイントですよ!

どうしても頭周辺ばかりしっかり洗って、毛先は てきとう〜 なんてパターンも多いと思いますからね〜💦

 

 

最後は「乾かし方」

 

長い髪だと、乾かす時も一苦労ですよね〜^^;

どうしても適当になりがち。

でも、しっかりと「乾かしきる」ことを実践してください。

根本から毛先までね。

もちろん、先に書いたように、ドライヤーで乾かす前にクシで髪をとかしてから、綺麗に整えてからしてくださいね♪

 

で、ドライヤーでの乾かし方で注意してもらいたい点

 

表面の髪(毛先)ばかり乾かしてしまって

焼け焦げたみたいになっちゃう(怖)

 

これ大袈裟ではなく、ほんとになりますからね。

髪ってのは大部分が「タンパク質」でできていて

高温の熱を与え続けると「タンパク変性」ってのが起きるの

例えると

生卵だったものに熱を加えて、目玉焼きになっちゃう感じ

一度そうなると、基本的には元には戻らないんですよね・・・

そうなりやすいのは、ズバリこの部分👇

僕も以前、髪を伸ばしたことがあるんですが

当時は何も考えずに、乾かしやすいところからガシガシ乾かしてたのね

そうすると、必ずと言っていいほど

表面の毛先の髪がガシガシになって傷む

今考えると、クシでとかしてもなかったし、表面から乾かしてたもんなぁ〜(^◇^;)

そうなって当然

 

なので正解としては

 

てっぺん(表面)の髪は一旦まとめておいて

内側根本から乾かす。

 

のが良いかと。

👆こんな感じでね

ストレート髪の場合は、くるくるねじって留めなくてもいいからね

とにかく、乾きやすい傷みやすい表面の髪を、一旦よけて

なかなか乾かない内側の根本から乾かしやすいようにするってのが目的だから。

 

これで内側がある程度乾いてきたら

留めてた髪をはずして、残りを乾かす。

これでバッチリじゃないですか〜♪(^^)

 

 

正しい方法まとめ

 

 

①「ブラッシング&コーミング」をする

②「予洗い・すすぎ」をしっかりと

③「表面毛先は分けて、あとで乾かす」

 

 

ひとまずこれを確実に実践してもらえれば

劇的に髪の状態は変わります!

これは断言する(^^)

 

もっと細かく言えば、シャンプーの洗い方だとか、タオルの拭き方などまだまだあるんですが、いっぺんに情報詰め込んでもできなかったら意味ないしね😅

またおいおいお伝えしていこうと考えてます。

こう言うこと聞きたい!ってのがあれば、遠慮なくメッセージしてくださいね(^^)

 

正しく髪を整えて、愛していってあげましょう〜♪(^^)

 

 

ってことで  今日はここまで!

最後まで見てくれて  ありがとうございます♪♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ レシェルブゲストさんのビフォーアフターやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です