初めての方は電話でご予約お願いします

たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

最近の投稿

女性版・キレイに髪を伸ばしていく方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

綺麗に髪を伸ばしていく方法って?

 

メンズスタイルの髪を伸ばしていく方法を

以前 ブログで書いたのですが

これね

メンズスタイル 髪を伸ばしていく方法

たくさんの方に見て頂いてるらしく

このブログの人気記事ランキングでも

堂々の 第2位!

ありがとうございます♪

今日はその「女性バージョン」を書こうかなーっと

 

 

「女性版・キレイに髪を伸ばしていく方法」

 

美しいロングのヘアスタイルに憧れるのは

いつの時代も同じ。

綺麗に髪を伸ばしていきたい~

と切望する方は多いんじゃないでしょうか。

 

 

 

ロングヘアー

 

では

美しく、なおかつ 早く髪を伸ばしていく方法とは

どういったものでしょうか?

ここでは 私、個人的な見解で述べさせてもらいます

まず 一番大切なこと

それは・・・

 

 

「長さを切らないこと!」

 

はい 当たり前~(笑)

ですが なかなか美容師の本能として、傷んだ毛先はちょっとでも切って綺麗にしてあげたい

という気持ちが働きやすくて、切っちゃうことがあるのですね

これもケースバイケースにはなりますが、いち早く伸ばしたくて、それほどダメージがない方

全くアウトライン切らない という選択肢も持っていてください。

1ヶ月で1㎝ ~1,2㎝ ほどしか伸びない髪の毛を

簡単に1㎝ 切るだけで

約1ヶ月分の伸ばしてた努力が水の泡となる。。

それぐらいデリケートに考えております。

 

では

全く切らないで そのままボーボーにほっといた方がいいの?

答えは

 

 

 

NOーーーーーーー!!

 

NOです(2回目w)

 

それはただのボサボサになるしw

「ただのボサボサ」 と

「洗練されたラフなカジュアルさ」 とは

全然違いますからねー(^_^;)

そんな場合 どうするかというと・・・

 

ふわ毛、枝毛、スタイルの表面に面してる毛先を、ハサミで細かく開閉して切っていく

 

 

IMG_5518 (1)縮小

 

表面に出ていたフワフワ毛は収まり

髪にツヤも出てくる。

俗に言う トリミングカット とか メンテナンスカット

とか言うやつですね

そういった細かなカットを重ねていって、デリケートな毛先を守り、綺麗に伸ばしていける土台を作っていく。ということですね♪

 

で その次に大切なことといえば・・・

 

「根元と毛先の毛量をなるべく均一化する」

 

ま 多少、毛先の方が少なく、軽くなる

それがベスト

一番厄介なのが

 

根元はがっつり毛量が残っていて

毛先はペラッペラのすかっすか。。

 

髪をすく4

 

DSC08987縮小

 

これ 伸ばしても綺麗なスタイルには到底できないでしょう。。

長さを伸ばしていくと どうしても

短い時よりかは全体の重さが気になるもの。

そりゃ当然長さが伸びてその分の重さが加わるんですから当然といえば当然

そこから

適正な毛量調整するならいいんですが

もっともっと軽くしたい! となってやりすぎると・・・

 

毛先スカスカになりますからね(怖)

お気をつけください。

 

そして もう一つ大事なこと。

 

「伸びた毛先に余分な負担(ダメージ)をかけない。」

 

 

伸ばしていくと カットでイメチェンをするってのがしにくくなり、ちょっと飽きもくるので、カラーなりパーマなりに変化を求めることになるのですが

 

あれもこれも やりすぎは禁物(^_^;)

 

カラーにしろパーマにしろ、やれば必ずヘアダメージというものは付き物。

特に長い年月かけて伸ばしてきた毛先は、その分、過去のヘアカラーなどによるダメージ、普段生活してく中でのダメージを受けて、根元とはダメージ度合いが違うものになってます

より一層の注意が必要ということですね

 

 

と まだまだ出てきますね~w

思ってたより書くことが増えてきたので

得意の 連載ブログに移行しますw

続き お楽しみに~♪

 

 

 

ってことで  今日はここまで!

最後まで見てくれて  ありがとうございます♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ サロンスタイルやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを毎日更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です