初めての方は電話でご予約お願いします

たつの市姫路市の美容院レシェルブ メーカー講師が教える まっすぐ髪でボリュームが出ない方へのお助けブログ

たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ

ノリ自己紹介

このブログ書いてます「レシェルブ」オーナーの「ノリ」です。
サロンワークやヘアスタイルについてのためになる話を毎日更新中♪たまに趣味の話も(笑)
レシェルブLINE@、Facebookのお友達も募集中。気軽につながってくださいね♪

zidori8

友だち追加数

友達登録して なんでもご質問くださいね~♪

ネット予約はこちらからどうぞ♪

Norihito Sasaki

バナーを作成

最近の投稿

白髪染めの髪を「ちょっとだけ明るく」するのが難しい・簡単ではない理由とおしゃれに明るくする方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ レシェルブゲストさんのビフォーアフターやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら

 

白髪染めした髪、ちょっとだけ明るくしたい!

 

この言葉、よく言われるんですよね〜

「白髪染めで暗めの茶色ばっかりで飽きたから、ちょっと明るくしてみようかな〜」

「ちょっと明るくして、アッシュとかピンク系のカラーとか良いかも♪」

ただ、残念ながら・・・

 

そんなに簡単にちょっとだけ明るくすることはできないんです^^;

 

なぜなのか?

答えを一言で言うと

 

暗く濃い「染料」が髪に定着してるので、通常のカラーでは明るくならないため

 

これを詳しくわかりやすく解説していきましょう。

 

「おしゃれ染めカラー」と「白髪染めカラー」は違う

 

まずは白髪染めをしてる方の「本来の髪の状態」を知っておきましょう。染める前の髪のことね。

 

根本から生えてる髪が本来の自分の髪。

分かりやすく髪の部分だけをイラストで描いてみるとこんな感じかな

 

黒髪に白髪が線状にある状態。

この髪に白髪染めをして、黒髪部分は明るく茶色に、白髪部分は暗くして茶色にするんですね。

 

(※分かりやすいように下部分はそのまま残してます)

均一に茶色にするには、黒髪部分は明るくしないといけないし、白髪部分は暗く濃く染めないといけないわけです。

真逆のことを1つのカラー剤で1回の時間でやってしまうんですね。白髪染めカラーって。

今までしてるように、落ち着いた茶色の整ったイメージのヘアカラーにはすごく向いていて、優秀なカラーだと思うんですが、欠点が・・・

 

白髪を染めるために濃い色素を使ってるため、普通のカラーでは明るくすることができない。

 

イメージとして、先程の白髪染めした髪のイラストの上から、おしゃれ染めを想定した明るめカラーを塗ってみました

👇

濃い茶色の上から明るい茶色を上塗りしたような形になるので、違いがわからない汗

(髪の上だともっと分かりにくいです)

比較してみるとこんな感じ👇

 

例えて言うと

まっ黒に白いラインが入った画用紙に、暗い茶色の絵の具で均一に塗る(これが白髪染め)

その上から水で薄めた明るい茶色の絵の具で塗ったとしても(おしゃれ染め)、見た目そんなに明るくならないですよね?

そう言うことなんです。

 

では明るくするにはどうしたらいいの?

 

はい。難しい、簡単ではないといっても、できないわけではないんです。

ズバリ明るくするには「ブリーチ」が必要。

 

「ブリーチ」を使わないと、白髪染めの濃い染料は明るくできないんですよね。

 

「えー 金髪になるのはイヤだな〜抵抗あるー」

と言われるのは分かっております苦笑 なのでさまざまな工夫をして、派手になりすぎず上品でおしゃれな明るいカラーになる方法を用意してます♪

 

まず代表的なのが「ハイライト」

細い束で髪を取って、その部分だけブリーチで明るくする。

するとそこだけ濃い茶色が取れてクリアな髪色に

まぁこんな感じかな👇

 

でもこのままだとブリーチの黄色みがイヤだと言われる方多いので、上からカラーを被せて淡い色合いに👇

 

そうすると見た目も自然だしメリハリがついて立体感も生まれる

根本から白髪が伸びてきても、境目が曖昧にぼかされて目立たなくなる嬉しい効果も♪

リアルはこんな仕上がり👇

 

 

 

そしてもう一つ効果的な方法が

「ポイントブリーチ」

これはもみあげから耳上ぐらいのサイドとか、前髪をうすーく取って部分的にブリーチonカラーする方法。

 

その部分に集中的に白髪があるって状況ありますよね。それをデザインとして生かして、暗く染めて隠すのではなく、明るくクリアな色にしておしゃれにする♪って寸法です(^^)

ブリーチ後、上から色入れたらこの通り👇

 

 

 

逆転の発想で、あるからこそ自分の個性として生かしておしゃれにしていきましょう♪

 

白髪染めから変えていくことで、こんなに素敵なカラーを手に入れることも

 

暗い白髪染めから脱却したい!もっといろんな明るいカラー楽しみたい!という方が少しずつ白髪染めをやめていかれて、ハイライトやおしゃれ染めカラーで続けていった結果、こんな素敵なカラーを表現できるようになりましたよ(^^)

 

 

もちろん白髪をしっかり茶色に染めることを否定するわけではありません。

その人が一番気にいる、落ち着く髪色というのが一番だと思います。

でも、今の髪色のままずっといてもいいんだろうか?とか、もっと変化がほしい!変わりたい!という想いがある方でしたら、このブログ記事を読んで、なぜ白髪染めからの明るいカラーが簡単ではないのかを理解してもらって、明るいカラーへの変身の方法も知っておいてもらうといいかなと思います(^^)

 

自分の素材を最大限生かして、カラーを楽しみましょう♪(^^)

 

ってことで  今日はここまで!

最後まで見てくれて  ありがとうございます♪♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県たつの市でヘアサロンをしてます「佐々木規史(ささきのりひと)」です。「ノリ」と呼んでください(^^) ぺったんこになりやすい髪を素敵にボリュームアップ・デザインすることが得意♪ レシェルブゲストさんのビフォーアフターやヘアに関するお役立ち情報、セルフスタイリングのコツなどを更新中。たまに趣味の写真やカメラのことも(≧∇≦) お気に入りの記事があればぜひ、いいね!&シェアしてくださいね♪
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です