スポンサーリンク



 

「ヘアカラー」と呼ばれる薬剤において

いちばん需要があり、されてる方も多いのが

”酸化染料”を使用する

「アルカリカラー」

 

 

 

 

 

この「アルカリカラー」の中でも

黒髪を明るくして色を入れることを主な目的とした

「おしゃれ染めカラー」

白髪に色を入れつつ、残りの黒髪もブラウンにして

全体を統一して馴染ませていく

「白髪染めカラー」

と 大きく二分される。

 

 

これ

 

同じような仕上がりに見えて

髪内部はかなり違いが出てる。

 

 

 

その違いを

詳しく解説していきましょう。

 

 

 

兵庫県姫路市のとなり

そうめんと醤油の町「たつの市」にある理美容室

ヘアーサロン・レシェルブ。

ぺったんこ髪を救う

お助けヘアスタイリスト

NORI (ノリ)です♪

NORI 自己紹介♪

 

 

○あなたも「サロモ」してみない?(≧∇≦)

サロンモデル募集のお知らせ

 

◯レシェルブゲストの嬉しい口コミ集♪

お客様のお声♪

 

 

 

 

白髪染めとヘアカラー(おしゃれ染め)の違い。

 

 

◯ヘアカラー → 黒髪をブリーチ(脱色)して、染料を髪の内部に浸透させて定着。明るい色ほど染料は薄い。

 

◯白髪染め → ブリーチ能力もあり基本的にはヘアカラーと同じだが、文字通り”白髪を染める”のも目的なので、ヘアカラーに比べて染料(主にブラウン)の割合が多い。

 

 

 

ものすごーくシンプルに言うとこんな感じ。

昔は白髪染めって 暗くなるイメージしかなかったですが

今はある程度の明るさまではブリーチして色も染めれて

白髪も染まってくれる。

あまり明るくすると白髪に入る色も

薄くなっちゃいますけどね(^_^;)

 

 

 

で この白髪染めとおしゃれ染め

その大きな違いは・・・

 

継続していると結果に違いが出てくる。

 

 

ちょっと想像してください。

 

2人のモデルさんがいます。

一人は黒い髪から「ヘアカラー(おしゃれ染め)」で

8レベルブラウン(茶色)に明るく染めた状態。

そこから2ヶ月後ぐらいのイメージ。

 

 

 

もう一人は 元々白髪率70~80%ほどの髪。

それを繰り返し「白髪染めカラー」して

根元が2cmほど 伸びてきたイメージ。

こんな感じで。

 

 

それを白髪染め8レベルブラウンで染めていく。

継続的に根元リタッチで続けていってる髪。

 

 

そーすると 一見

仕上がりは同じ 8レベルのブラウン。

ですが

 

内容、中身は随分と違う状態になってる。

 

かたや 元々あるメラニンを壊して、染料入れて8レベルにした髪。

かたや 元々メラニンがない白髪なので、壊す割合は少ないが

無いメラニンの分も補うほど、染料を多く入れ込んで

8レベルにした髪。

 

これやっぱ 差が出ますよね。。

現場で仕事してての肌感覚ですが

やはり白髪染めを繰り返しされてる髪の方が

ゴワゴワ感というか独特の質感になる時がある。。

白髪率多いかたほどその傾向はあります。

 

でも意外と髪の色が見た目同じようだと

「同じ状態」 と捉えがちなんですよね。

お客様も 美容師自身も(汗)

 

その感覚で施術していくと

大きなミスにつながることもあるのですよ。。

 

 

スポンサーリンク



 

 

白髪染めの髪と おしゃれ染めの髪。その違い。

 

 

同じ8レベルブラウンとしても

その中身は大きく違う。

それを

具体的に イラストにして説明♪

 

 

こちら 黒髪100%の髪。

肌や頭皮を紫外線から守る「メラニン」が

その髪に対して最大値ある状態ですね。

 

髪が黒く見えるのもこの「メラニン」によるもの。

メラニンは2種類あって

ユーメラニン、フェオメラニンとあり

ユーメラニンが多いと黒に近づき、フェオメラニンが多いと

黄色味、赤みが強くなる。

と 色々あるんですが、ここでは省略w

 

 

ではこの黒髪を一度8レベルのブラウンに染めてみると

髪内部ではこんなことが起きてる。

 

 

 

髪の内部の メラニン・ブリーチ度合い・染料の割合を

表したイラスト。

 

元あったメラニンをブリーチ(脱色)して

その部分に染料を定着させる。

すると全体の見た目は 8レベルのブラウンヘアーに。

 

 

こんな感じ。

 

かたや

白髪染めベースの髪。

 

 

一般的に白髪率が多い人はこういう状態。

常に染め続けて

中間・毛先は今までに染めてる髪で

根元から新しい白髪は生えてきてる

という状態。

 

で これが

 

 

根元 白髪部分の内部 状態。

 

そして

中間・毛先の状態は・・・

 

 

白髪が多かった部分に

染料が多く入って定着してる状態。

 

この時点で白髪染めじゃないヘアカラーした髪とは

明らかに違う状態だってことがお分かりいただけるでしょうか。

 

で ここから白髪染めで染めるとなると

根元だけが白いの気になるので

リタッチ(根元だけ染める)施述になる。

 

 

こんな感じで。

一見すると全体は8レベルのブラウン。

しかし中身は

 

染料の濃さ、多さがかなりあり

それで8レベルブラウンを作ってる髪。

 

ということになります。

 

「黒からリフトアップ(明るくする)

してカラー色味を選び、8レベルを目指すパターン」

(おしゃれ染め)

 

 

「メラニンが元々少ない状態で

それを補うため、染料をいっぱい入れる。

多少のトーンダウンがあって、それで8レベルを目指す」

(白髪染め)

 

 

これだけ違うんだから

その後のヘアに対するアプローチってのも

当然 違ってきますよね。

 

そのことをしっかり理解して

今後のヘアスタイルプランを組めるってことが

重要だと思います。

 

 

 

では次回は

それぞれの髪状態に対する

アプローチの仕方。 その違い。

解説 いきましょうかね~♪

 

続きまーす♪( ´▽`)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【告知】

 

「ノリのコテパーマ

プライベートレッスン」始めます♪

日時・受講料や詳細は

ノリのFacebook ←メッセンジャーか

レシェルブのLINE@

友だち追加 ←ポチ

lecielb28@gmail.com ←メールアドレス

 

で確認してください(^^)

 

詳しくは。。

【コテパーマ】プライベートレッスン開始します!(^^) | たつの市の美容院メーカー講師が教えるぺったんこ髪の解決方法ブログ
  スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});       ノリの「コテパーマレッスン」 受けてみない? (≧≦)     兵庫県姫路市のとなり そうめんと醤油の町「たつの市」にある理美容室 ヘアーサロン・レシェルブ。 ぺったんこ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

スポンサーリンク



 

お休みのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

ご予約の前にお読みください

 

ご予約はこちらから♪

 

 

初めての方は

お電話でご予約ください。

TEL : 0791−63−9626

 

 LINE@のお友達登録もお待ちしてます♪

 

友だち追加数

 

◯アクセスはこちら♪ → 地図を見る

◯営業時間: 火〜金 9:00〜18:30

      土日祝日 8:30〜18:30

◯定休日: 月曜日・第3火曜日

 

 

レシェルブブログおすすめ記事♪